blog, 子供イラスト

雨やどりはすべり台の下で

一昨日と昨日、子供が風邪で学校を休んだので、

この2日間は布団の上で2人でのんびり本を読んだり(読まされたり(;^ω^))して過ごしました。

絵本ではなく児童文学なので、温かい部屋で寝転んで読んでいると10分くらいでウトウトzzz…

そのたびに起こされて、また読んではウトウト…の繰り返し(;^ω^)

子供のお気に入りは「岡田淳」という人の本と

「那須正幹」のズッコケシリーズ。

「岡田淳」の「雨宿りはすべり台の下で」という本を読んだのですが、

(初版は1983年)

すごくいいお話!!

世界にぐんぐん引き込まれていく!

絵がどんどん浮かんでくる!!

素晴らしい!

けっこう昔の本なのに、私は子供のころ漫画しか読んでいたなかったので、

こんな素晴らしい本があることを知りませんでした。。。

子供のころ、こんな本に出合っていたら、

もう少しちゃんとした大人になれたのかな(;^ω^)

子供のころ知らなかった素晴らしい児童文学、

子供と一緒に少しずつ読んでいこう。

「雨宿りはすべり台の下で」のお話にでてくる大好きな一場面。

描かずにはいられませんでした。

いつか、児童文学の表紙のお仕事してみたいな~。

水彩タッチ イラスト